2009年6月30日火曜日

いろいろなフランスのパン 2




先日フランスのパンのことを少し書きましたが、大切なことを忘れていました。。

日本では、croissant(クロワッサン)も、pain au chocolat(パン・オ・ショコラ)も、sandwichs(サンドイッチ)も”パン”ですね。しかし、フランス語での pain(パン)は違います。
croissantpain au chocolatviennoiserie(ヴィエノワズリ-)に分類されます。pain au chocolatにパンって名前がついている!!と言い張っても、pain au chocolat はフランス人にとって”パン”ではないそうです。

フランス人にとっての”パン”とはチーズと一緒に食べる、食事時に食べる比較的固めの甘くないパン、baguette(バゲット)、bâtard(バタール), pain de campagne(パンドカンパーニュ;田舎パン)などなどです。

croissantは特に日曜の朝食に食べますが、pain au chocolat はおやつに、chausson aux pommes (ショッソンオポンム:りんごパイ)はおやつやデザートに食べるとのこと。

そうそう、日本は goûter (おやつ)といえば3時ですが、フランスの goûter は4時。フランスでの夕食は日本に比べると遅いからだろうとフランス人講師達は言っています。

彼らは子供のとき goûter に何を食べていたんでしょう?

Moi j'aimais manger des briochettes au chocolat avec un grand verre de lait. En plus dans le paquet il y avait un cadeau, mais je devais me battre avec mon frère pour avoir le cadeau la première. Ma mère voulait nous faire manger des fruits ou des yaourts pour le goûter, mais nous aimions seulement le chocolat et la brioche. Donc pour nous faire manger des bananes, elle nous faisait des tartines avec du beurre, du chocolat en poudre et des bananes, c'était délicieux!!!
Nol
Brioche trempée en morceaux dans un grand bol de chocolat froid, y a pas mieux!!!
Laurent

2009年6月29日月曜日

フランス人の画家:ゴーギャン展


2009年7月3日(金)~9月23日(水)まで、東京国立近代美術館で、フランスの画家、ポール・ゴーギャン(1848年-1903年)の展覧会が開かれます。ゴーギャンは1848年にパリで生まれ、幼少期をペルーで過ごし、株式仲介商となった後、画家を志しました。フランスでの制作期間を経て、1891年~1893年に最初のタヒチ滞在、その後、1895年~1901年に2度目のタヒチ滞在を果たします。

みなさんもご存知の通り、タヒチはフランス領でフランス語を話しますね。




今回の展覧会の目玉は、日本初公開となる「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへい行くのか」です。この作品は、縦139.1×横374.6。ゴーギャンが残した最大の作品です。お見逃し無く!

2009年6月27日土曜日

フランス料理

Le design culinaire, vous connaissez ??? Moi non, jusqu'à ce matin...
料理のデザインというコンセプトを、御存知でしたか??? 私は、今朝まで知りませんでした。。。


Si l'association cuisine française/design vous intéresse, regardez cette vidéo sur France 24.
もしフランス料理とデザインに興味があったら、このビデオをフランス24で見てみてはいかがでしょう。
Vous pourrez par la même occasion voir le café de la Paix à Paris.
ついでに、パリにある café de la Paixも見られますよ。

マイケル・ジャクソン / フランスの新聞

Pour savoir ce qu'on en pense en France http://www.liberation.fr/

マイケルが亡くなりましたね。講師達もびっくり、7/15のサロンでの話題はこの話題で持ちきりでした。
あまりアメリカの音楽に興味は無いのですが、たまたまコンサートに行ったことがあります。しかも約20年も前に。。友人が行くはずだったのですがどうしても用事でいかれなくなり、本当にたまたま行ったんです。

思い出に残るのはやはり"Thriller"。ムーンウォークを見たのが思い起こされます。
興味本位で行ったのですが、とても感動したのを覚えています。
フランス人講師達はどうでしょう??

2009年6月25日木曜日

RDV le 16 juillet ―7/16のフランス風パーティ―



Le jeudi 16 juillet nous organisons la fête de l'école. Nous fêterons les 15ans de Sympa! Le rendez-vous est à 18h.
Il y a une feuille d'inscription dans le salon, nous pouvons accueillir 60 personnes. Dépêchez-vous de vous inscrire!!!

Nous allons faire des jeux en français et discuter autour d'un verre. Vous pouvez apporter des choses à boire et à manger. Attention pour les choses à manger, essayer d'apporter des choses déjà préparées et coupées, ça sera plus pratique! Si vous voulez faire des activités spéciales, parlez-en à vos professeurs dans le salon.

Venez nombreux!!!

7月16日はエコールサンパの fête (パーティ)です、祝サンパ15周年!
銀座校にて 18時~21時 

ご参加いただける方はサロンにお申込みリストがありますのでお名前をお書きください。なぜなら60名限定なんです、ご参加ご希望の方はお急ぎ下さい!!
18時に間に合わなくても大丈夫、中途参加大歓迎です。

ゲームをしたり、飲みながらフランス語講師達とフランス語で、または日本語で話に花を咲かせましょう。そして、皆さん会費はありませんが、何か食べるものや飲むものをご持参ください。
そして、切ったり温めたりしないですぐ飲食できるものをお持ちくださいね。

なにか余興(かくし芸でも勿論いいですが、xxゲームを皆でやりたいとか、シャンソン歌いたいとか。。)、やりたいことがある方、サロンで講師にお話し下さるか、コメントをどうぞ!

皆さんのご参加をお待ちしています。

2009年6月23日火曜日

フランス語講師のお弁当

タッパーから出てきたある日の講師のお弁当。おいしそう。質問してみました!
”Croque monsieur(クロックムッシュー)?"

答えは ”Croûtes au fromage(クロット オ フロマージュ)"。
どうやって作るのか、レシピを聞いてみました!

Voila le secret des croûtes au fromage.

En fait il s'agit d'une recette que j'ai appris par ma tante suisse. Quand il lui reste beaucoup de vieux fromages, elle les râpe ensemble et les mélange avec un oeuf. Après elle fait des tartines et les cuit à la poêle. C'est très bon en entrée avec une salade verte. A ma grande surprise on en trouve sous des formes très similaires dans les boulangeries au Japon. Pour assaisonner ma mixture j'ai ajouté un mélange de sel et d'herbes que m'avait offert une étudiante de l'Ecole Sympa, c'est encore meilleur comme ça !

----------------------------------------------

Croûtes au fromage<チーズパン>(とでも言ったらよいでしょうか??)
の秘密をおしえましょう。


このレシピはスイス人のおばから教えてもらいました。古いチーズがたくさん残った時に、おばは、いろいろなチーズを一緒におろして、卵1つと和えます。それをパンの上に塗り、フライパンで焼きます。
entrée(前菜)として、グリーンサラダと一緒に食べてもおいしいです。
驚いたことに日本のパン屋さんでも同じようなかたちの同じようなものを見つけました。
ちょっとした味付けに、生徒さんに頂いたハーブ入りお塩を混ぜてみましたら、もっとおいしくなりましたよ!

以上が作り方のおおまかなフランス語訳です。

-------------------------------------------------
残念ながら、この日、わたしは胃の調子がわるく、味見が出来なかったんです、なんて悲しい。。次回はぜひ食べさせてもらいます!



花より団子の講師もいれば(誰?)、やはりお花好きの講師もいます。
学校用に買ってきてくれたんです。可愛いでしょう~~。
 ありがとう! !!




2009年6月22日月曜日

Fête de la musique!! フランスの音楽祭!!


6月21日はフランスの音楽祭、Fête de la musiqueでした。毎年行われるこのフェスティバルは、1982年に、ジャック・ラングによって、''La musique partout et le concert nulle part"を合言葉に作られました。
今年は、28回目になります。
この日は、フランス中に音楽が溢れます。あらゆる場所で、プロ・アマ問わず、様々な音楽が演奏されます。
詳しくはこちらをどうぞ→http://fetedelamusique.culture.fr/80_Echos_de_la_Fete.html

このHPの中に、この50年間のフランスの歌に関するクイズがあります。フランスの歌に詳しい方は、挑戦してみるのも楽しいかもしれませんね!

http://fetedelamusique.culture.fr/quiz.php

2009年6月20日土曜日

フランス留学 -Bourgogne(ブルゴーニュ)-


La semaine dernière, nous avons encore été gâtés par nos étudiants: souvenirs d'Italie, du Japon; et aussi de France: galettes bretonnes et friandises de Bourgogne où Miho a étudié le français une semaine chez Claudine (professeur de francais qui a travaillé chez nous pendant deux ans à Jiyugaoka puis à Ginza).

Claudine est maintenant partenaire du service séjours d'étude de l'Ecole Sympa de Minako. Vous pouvez étudier le français chez elle à Montbard.

Les professeurs sont très contents que le séjour de Miho se soit si bien passé; elle s'est bien débrouillée et a fait de beaux progrès!

Voici quelques photos de Montbard, pour le plaisir des yeux.

先週も、ラッキーなことにまた生徒さんたちから差し入れをいただきました。 イタリア、日本、そしてフランスのお土産です。 Bretagne(ブルターニュ)のビスケットとBourgogne(ブルゴーニュ)のキャンディバー。Bourgogneはみほさんが一週間のフランス語を勉強するために留学した、Claudine(クローディン)のいるところです。(Claudineはエコールサンパの自由が丘校、そして銀座校で2年働いていました)

そしてClaudineは現在エコールサンパの留学担当Minakoのパートナーです。
Montbard (モンバール)でフランス語を学んでいただけます。
クローディン先生のホームステイ

みほさんのホームステイ滞在が、とてもよく過ごせたとのことに、講師もとても喜んでいます。いろいろな事を自分の力でこなし、とても上達できたからです!

目の保養に、Montbardの写真をご覧下さい。


見わたす限りの菜の花畑。。こころが癒されますね。この花はなんでしょう?桃?りんご?いえ、桜のようですよ!!

Claudineです。お茶大好き、自然が大好き、とてもエネルギッシュで熱心なとても良いフランス語の先生です。

川の流れは急ではありません。川岸を散歩するのもとても気持ちよいですよ。

わたしもMontbardのClaudineに会いに行ったことが何度もあります。
フランスの生活、自然もたのしめます。

1週間でも可能なホームステイ。1週間フランス語漬けの生活をしてみませんか?


フランスのネットラジオ

Récemment, dans le salon, nous écoutons Radio Nova.

Cette radio, très populaire en France, est née en 1981; sa programmation est très variée: world music, reggae, funk, rap (y compris français), musiques éléctroniques (dont la French Touch), mais aussi Chill-out, Ambient...

Vous aimez ???

http://www.novaplanet.com/radio-nova/

銀座校のサロンではいつもネットラジオを流しています。
Nostalgie(下記をどうぞ↓)を聞くことも多かったのですが、同じ音楽が多く、最近はラジオノヴァが多いんです。同じ音楽ももちろん流れますが、nostalgieより、もっとヴァリエーションがある感じです。
http://www.nostalgie.fr/radio-421/webradios-439/webradio/

皆さんも、お家でせひ聞いてみてくださいね。

2009年6月19日金曜日

フランス語 -Fumoir  スモーキングエリア-

フランス語表示のあるところを見つけました!!
スモーキングエリアという意味の "FUMOIR" 
場所はお台場の、とあるところ(あ、写真に場所が。。)。

"OIR" で終るフランス語は場所 (例:couloir, dortoir, trottoirなど)をあらわす言葉が多いです。

他にもいろいろフランス語で書いてある看板を時々みかけます。レストランの名前などもフランス語が多いですよね。 100円ショップでもよく見かけます。

でも、講師に言わせると結構間違っているフランス語が多いとか。
間違い探しをしてみるのも面白そうです(イヤミっぽいでしょうか??)。

フランス語の看板などを見かけたら、是非ご一報ください!

2009年6月17日水曜日

サンパのコーヒー -フェアトレード-

サンパでは毎日サロンでおいしいコーヒーを飲んでいただけます。

皆さんご存知のようにインスタントじゃないんです。
フランスのカフェの様ですが、そんなに濃くはありません、ご安心を。

全校で同じコーヒーを使っていますが、淹れる人によって味も変わります。

写真のコーヒーはグァテマラの有機コーヒーです。
右下の水色ときみどり色の ”fairtrade” マークに目をとめてみてください。

皆さんフェアトレード(公平な貿易)ってご存知ですか?

フランス語で "commerce équitable"
フランス人は commerce équitable に興味があり、どんどん買われています。
フランスでフェアトレードをしている会社はいくつもありますが、いちばん有名なのは "MAX HAVELAAR"です。http://www.maxhavelaar.ch/fr/

フランスでは大きなスーパー(Carrefour, Leclerc,,,)でもフェアトレード商品を売っているんです。

-----------------フェアトレードとは--------------------------------------------------------

開発途上国の国々、特に南の国の人にとってグローバルな国際貿易の仕組みは経済的&社会的にアンフェアだったりします。
そういった国々の農産物や手工芸品などを、適正な価格で、長期にわたる取引をし、南北の経済格差を解消して南の生産者の権利を守りたいと、より公平な条件のもとで国際貿易を行うことをめざす貿易パートナーシップです。
--------------------------------------------------------------------------------------------------

サンパでもなにかいいこと出来ないかな?

そんな気持から、このコーヒーを全校で購入することにしたんです。

どうぞサロンでたくさん召し上がってくださいね。
(もしなくなりそうだったら受付までどうぞ!!)

Des hortensias... 紫陽花-あじさい-



On les trouve très couramment dans des jardins partout dans le monde, mais ils sont originaires de Chine. Ils fleurissent généralement de l'été au début de l'hiver. La couleur des fleurs dépend de l'acidité du sol dans lequel la plante est installée et du taux d'aluminium : bleu en sol acide et rose à rouge en sol neutre ou calcaire.

Quand je suis arrivée au Japon, j'ai été très surprise d'en voir dans beaucoup de jardins. En Bretagne, il y a beaucoup d'hortensias bleus devant les maisons traditionnelles en pierre de bord de mer. Donc quand j'en vois à Tokyo, je me sens toujours un peu nostalgique. Mais savez vous pourquoi les hortensias sont bleus en Bretagne? C'est parce qu'on utilise des ardoises(スレート:屋根を見てね!) des toits des maisons pour les garder bleus, on casse des ardoises en petits morceaux et on les met au pied des hortensias.

日本でも夏に良く見かける紫陽花。連想するのはきっと”梅雨”。。花言葉を探してみました。移り気、自信家、そしてなぜか元気な女性。。。いろいろと探すと花言葉にもヴァリエーションがあるようですね。紫陽花をみてフランスをフランス人が懐かしむとは思っていませんでした。
なるほど、フランスにも良くある花なんですね。

2009年6月15日月曜日

本:サガン 疾走する生




6月6日から公開されている映画、フランス人の作家、サガンの「悲しみよ こんにちは」をご存知ですか。
18歳で「悲しみよ こんにちは」がベストセラーになったフランソワ-ズ・サガンの人生を描いた作品です。
サガンを演じているのは、「エディット・ピアフ 愛の讃歌」で親友役を演じていたシルヴィー・テステュー。
サガンの作品を読んだことがあっても、その人生についてはよく知らないと言う方は意外に多いのではないでしょうか。

ということで、あわせて、日本語では初めてとなるサガンの伝記本「サガン 疾走する生」を御紹介したいと思います。マリー・ドミニク・ルリエーヴル著(阪急コミュニケーションズ刊)のこの作品。多くの友人や家族に取材し書かれたこの本は、映画では語りきれないサガンの実像に迫った評伝です。

実は、この本を翻訳している永田千奈さんは、エコール・サンパ阿佐ヶ谷校の生徒さんです!!


映画を観る前でも、また観た後にでも楽しめるとのことですので、是非、手にとって見られてはいかがでしょうか。

2009年6月11日木曜日

フランスと日本のお土産 今日のサロン

ケーキ、チョコレート、サクサクしたミルフィーユタイプのクッキー(?)をチョコレートコーティングしたお菓子、さくら餅&草餅、雷おこし、今日はたくさん頂きました。


Yumiさん、Akikoさん、Aiさん、ありがとう!!おいしくいただきました。
C'était bon ! (おいしかった!)




フランス発のお土産はこちら ↑↑ 
HEDIARDのチョコレートコーティングのサクサククッキー、そしてプラリネのチョコレート。まだ日本に入っていないらしいのですが、すみません。どこのか控えるのを忘れてしまいました。。。。




これは?⇒マカロン?おいしそう???
いえ、チェーンが付いてますね。。








実は講師からの手作りプレゼントです!!可愛いでしょう ^0^/


いつもありがとう。

2009年6月10日水曜日

Souvenirs de voyages 旅行のお土産

Au Japon, quand on rentre de voyage, on rapporte toujours des petits souvenirs à manger pour ses amis, sa famille, ses collègues ou encore pour son école. C'est très sympa. Aujourd'hui encore nous avons eu des souvenirs de France rapportés par nos étudiantes, des pralinés et des crêpes dentelles.

En France, c'est assez différent: les "omiyages" n'existent pas. On préfère souvent envoyer une carte postale du lieu des vacances et le choix de la carte est très important. On choisit une carte en fonction de sa relation avec le destinataire, une carte humoristique pour ses collègues restés au bureau ou une
carte avec différentes vues de
la région pour sa famille. 
Il y a beaucoup de cartes différentes avec des thèmes variés, il y a des cartes très belles, mais aussi de temps en temps il y en a de mauvais goût. C'est assez amusant. On peut rester plusieurs minutes à choisir la carte appropriée pour chaque personne, et on peut en envoyer une vingtaine pour les vacances d'été! Après bien sûr, pour écrire le texte c'est libre court à l'imagination... En général, on parle du temps qu'il fait et de ce qu'on fait de spécial.

Après les cartes reçues sont lues et gardées précieusement. On peut les ressortir longtemps après, c'est un souvenir très personnel qu'on aime retrouver.

Nos chaussons サンパのスリッパ




新しいスリッパの登場です!


3つのうちどれがお好きですか?








サンパでは玄関で靴を脱いでスリッパに履き替えていただきます。
そこは日本的なんです。


フランス語でスリッパは "chaussons)"

一足は "une paire de..."
足に身につけるものは複数になります。
一足の靴は "une paire de chaussures"



スタッフの中には、マイスリッパを履いている人もいます。
↓  ↓  ↓


Barapapa (バーバパパ)のBarbouille (バーバモジャ)を履いているのは誰?
モロッコのBabouches (バブーシュ)を履いているのは?
リボン付きの可愛らしいのはもちろん。。。

銀座校で覗いてみてくださいね。

2009年6月8日月曜日

映画: home ホーム 



6月5日は、世界環境デーでした。
この日に、88カ国で同時公開された映画が、「Home 空からみた地球」です。
世界的航空写真家、ヤン・アルテュス・ベルトラン監督。リュック・ベッソンが配給をサポートしているこの映画は、全編、空からの撮影。50を超える国や地域を扱った、ネイチャー・ドキュメンタリーです。

多くの人にみてもらいたいとの願いから、youtubeで6月5日から一週間、無料で見ることができます。
フランス語の勉強がてら、観てみるのもおすすめです。

2009年6月5日金曜日

フランスのミネラルウォーター



コンビニでBadoit(ヴァドワ)を見ました!
以前フランスで見たミドリのボトルとは対照的な 赤いボトルになっていましたが、 (年月を感じます。。)最近日本に入ってきたようです。






日本でもよく見るフランスのミネラルウォーター。










ガスなしだと 、 Evian(エビアン)、 Vittel(ヴィッテル)、Volvic(ヴォルヴィック)、 Contrex(コントレックス)はダイエットに有効(?)と有名ですね。
ガス入りだとPerrier(ペリエ)が有名でしょうか。

フランス料理を食べながら、フランスのミネラルウオーターも飲んでみてください。
Perrierはガスが強くてちょっと抵抗が、、という方、一度赤いボトルを見つけたら、ガスが少し弱めのBadoitを試してみてはいかがですか?