2015年7月20日月曜日

エルベに会ってきました

こんにちは。サンパの大塚美奈子です。

オー ベルニュのホームステイ のホスト、エルベ、オレリア夫妻が、アパルトマンから、広い庭付きの一軒家に引っ越しました。

引越しの日が、偶然、私が休暇でフランスに行く6月後半だったので、お手伝い、ビデオ・写真撮影も兼ねて会いに行って来ました!

また、この機会に、前回訪れていなかったマルシェ、チーズを作っている農家、ワインカーブ、
フランスの美しい村100選に選ばれた村、優秀職人賞をとったパティシェのお店など、
色々訪れて来ましたよ。

印象に残った体験を、順番にお話しますね。

1)街の人のやさしさ、流れる空気の穏やかさ

リヨンから、エルベ達が住んでいる街まで鈍行列車に乗って行ったのですが
(サンパのホームステイでは、リヨンまで車の送迎がついています)
座席に座って出発を待っていると、おじさんが、「反対側に座った方が景色がきれいだよ」
と声をかけてくれました。

途中から、山や渓谷など、座った側の景色が素晴らしく、お礼を言いたくておじさんを見ると
うれしそうに、「うんうん、そうだろう」という感じでうなずいてくれました。
このおじさんも、同じ駅で降りたので、この街の住人の方だったようです。

また、土曜日の朝、マルシェへ向かう途中
街の写真をとっていると、とてもダンディなおじいさんが近づいてきて、
「この通りのつきあたりまでいくと、岩山のマリア像が見えるから、
それをバックに写真を撮るといいよ。」と教えてくれました。

そして、「僕は画家なんだけど、よかったら午後に僕のアトリエに遊びに来なさい。」
とお誘いを受けました。
残念ながら、スケジュールが詰まっていたので、行けなかったのですが、エルベに聞くと、
この街ではみんな知っている有名な画家さんでした。

初めて行った時も、とても印象に残ったのですが、街を流れる空気、そして街の人々が、とても穏やかで温かなのです。

この街が、スペインのサン・ジャック・コンポステルまでの
巡礼の道の出発地点だからなのでしょうか、
岩山の上にそびえるマリア像が見守ってくれているのでしょうか、
私自身はクリスチャンではないのですが、とても安心感を感じるのです。

まだまだお伝えしたいことはあるのですが、続きは次回にしますね。

次回は、雄大な自然と、自然が作り出す食べ物のおいしさについてお話したいと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オーベルニュの空き状況は以下の通りです。
8月出発も、急げばまだ間に合います!

参加人数:1名~4名
(3名以上だと、とても広い貸別荘に滞在いただけます)

8月16日(日)~22日(土)
8月23日(日)~29日(土)

9月・10月(予約でいっぱいです)

11月1日以降はすべて空いています。
年末年始、クリスマスの時期のホームステイも可能ですよ!
9月のシルバーウィークに、フランス行きをお考えの方へ
バ スクのホームステイ に空きがでました!

9月20日(日)~26日(土)です。


人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

0 件のコメント:

コメントを投稿