2014年9月19日金曜日

Championnats du monde de judo 2014 2014年世界柔道選手権



Les championnats du monde de judo viennent de se terminer, malgré une deuxième place au classement général la fédération française de judo n'est pas tout à fait satisfaite. L'équipe de France pensait gagner plus de titres.
Chez les poids lourds (+100kg) Teddy Riner vient d'obtenir un septième titre de champion du monde. Ça dépend en fait comment on compte puisqu'il en a obtenu un toutes catégories en 2006. Il est donc devenu le judoka le plus titré de l'histoire du judo. Cependant si on regarde le palmarès des femmes,  il ne fait qu'égaler le palmarès de Ryoko Tani. Il doit donc continuer s'il veut avoir le meilleur palmarès de l'histoire du judo. Il lui reste un autre challenge: égaler le nombre de titres olympiques d'un certain David Douillet qui jusqu'à la détenait le plus beau palmarès du judo français.

世界柔道選手権大会が終わりました(日本語にするのが遅くなってスミマセン。。)、フランス柔道連盟の総合順位は2位と、大満足な結果ではありませんでしたが。フランスチームはもっとタイトルを獲得出来ると思っていました。
100キロ超級クラスでは、 Teddy Riner (テディ・リネール)が7回目の世界チャンピオンタイトルを獲得しました。実のところ、それはどう見るかによります、なぜなら彼は2006年無差別級でタイトルを取ったからです。彼はこうして柔道の歴史の中で一番のタイトルを取った柔道家になりました。とはいうものの、女性の入賞者を見てみると、谷亮子のタイトルに匹敵するだけです。テディ・リネールが柔道の歴史上で一番の受賞者になりたいのであればもっと続けなければいけません。彼には違うチャレンジも残されています:そのチャレンジとは David Douillet (ダビッド・ドゥイエ) という選手がオリンピックでとったタイトルの数に匹敵する事、彼はフランス柔道で一番すばらしいタイトルを獲得した選手です。


人気ブログランキングへ 楽しんで頂けたら1クリックで応援お願いします!

0 件のコメント:

コメントを投稿