2014年8月29日金曜日

仏映画 『不機嫌なママにメルシィ!』

Les garçons et Guillaume, à table !』 が原題です。
日本語タイトルと全く違いますが、とても面白いタイトルだと思いました。

まずはどんな映画かご説明しますね。
この映画は主演、脚本、監督を務めた ギョーム・ ガリエンヌ (Guillaume Gallienne)の自伝的映画です。内容は、、びっくり!です。


フランス人の父と ロシア-グルジアの貴族出身の母の裕福な家庭に生まれたギョーム。
エレガントなママを真似、どちらかというと女らしくなっちゃいます。
男の子に失恋したりと、皆がゲイだと思っていたのですが、、?

 さて、原題 『Les garçons et Guillaume, à table !


これは、お母さんの日ごろの台詞のようです。ギョームには(多分)男兄弟がいたので、お母さんは他の子供たちは garçsons (男の子)と呼び、<日本語に近いのはボクたち!でしょうか?わかりませんが、>ギョームはその中に入れず、名前で呼んでいたのでは?(、、と想像します) 男の子扱いしていなかったんですね。

à table ! は食卓に着きなさい!日本なら『ごはんですよ~』ですね。

字幕では 『男の子たちとギョーム。食事よ。』 になっていました。

ストーリーも面白そうですが、さらにびっくりなのは ギョーム・ ガリエンヌ が ギョーム役ママ役一人二役を演じているところです、、すごいですよね~~。



興味を惹かれませんか?私は観たくなっちゃいました!

この映画は2014年のセザール賞の下記の賞を受賞しています。

主演男優賞
脚色賞
第一回作品賞
編集賞
作品賞

新宿武蔵野館で 9/27(土)から公開です。

待ち遠しいです。

(chi)

人気ブログランキングへ 楽しんで頂けたら1クリックで応援お願いします!

0 件のコメント:

コメントを投稿