2014年6月17日火曜日

サッカー:フランスチームのユニフォーム maillots de foot

ワールドカップ見てますか?
サッカー好きの方にとって待ちに待った時期ですよね。

さて、私はあまり興味なし、講師の中にも興味ない人はいますが、講師はフランス人、皆さんのイメージに違わず大好きな人々もいますよ~。

旬な話題なのでワールドカップの話を良くしますが、今日は違った視点からお話しなさっている生徒さんがいらっしゃいました。それは、ユニフォームの事。

今回のユニフォームが身体にフィットしたタイプでマッチョだとか。。。





皆さんのご意見は?
どう思いますか?

 人気ブログランキングへ 楽しんで頂けたら1クリックで応援お願いします!

4 件のコメント:

  1. 僕は大のフットボール好きなので、僕なりにうるさく?(笑)言及したいと思います。

    ピタッとしているのは一代前のユニフォームも同じですよね。ですが、僕の個人的な好みでいうと、新ユニフォームの方が全体的にはいいですね。色の配置、襟つきなどの点で。しかもトリコロールが一瞬で飛び込んでくる、すなわち新ユニフォームは一瞥しただけでレキップ・トリコロールだとわかる!フランス代表だとわかるのです。
    ただ、一代前のユニフォームにも良さはあります。ユニフォームの青色の加減(濃淡)、占める割合に関しては新ユニフォームより一代前のユニフォームの方が、フランス代表の愛称レ・ブルに合っていると思います!トリコロールの青により忠実なのは、やはり一代前のユニフォームです。新ユニフォームは、どちらかというと青というより紺です。我欲を言えば、新ユニフォームの青を一代前のユニフォームの青にカスタマイズできればサイコーですね(((^_^;)

    返信削除
  2. コメントありがとうございます!
    詳しくていらっしゃいますね~。そう、確かに紺ですよね。
    ただ、私は実はサッカー音痴(?)で、あ、白い襟がついてる、、ぐらいしか。。(恥)

    返信削除
  3. だれが見てもフランス代表だとわかりやすいことが新ユニフォームの特徴ですよね。

    フランス代表はフランク・リベリを欠いてワールドカップを戦っていますが、1戦目を見る限りでは非常に良いサッカーをしていると思います。リベリは圧倒的な存在感と実力をもっている選手ですが、フランス代表はやはり一人抜けたからといって戦力ダウンするチームじゃない。選手層は厚いし、ワールドカップ優勝経験もある。
    応援しているのでぜひ行けるところまで行って欲しいですね!

    返信削除
  4. よくよく考えてみると、フランス代表の一代前のユニフォームは遠目で見れば、何となくイタリア代表のユニフォームに似ていますからね。そういう点でも他国との差別化を図ったのでしょう。その結果が新ユニフォームにハッキリ表されているといえます。

    まぁでも、ジネディーヌ・ジダンを中心としたフランス代表にしても、ミシェル・プラティニを中心としたフランス代表にしても、そもそもフランス代表のユニフォームは昔からトリコロールを基調としていたんでつけどね、、、

    返信削除