2014年3月14日金曜日

フランスチーズ Tartare タルタルチーズ (3)


L’histoire de TARTARE

今サロンでふるまっているTARTARE(タルタル)、もう皆さん召し上がりましたか?

TARTAREと聞いて最初に思い浮かぶのは、日本で揚げ物にかけるタルタルソース、もしくはフランスではおなじみのSteak Tartare(タルタルステーキ)という方が多いのでは。(私もそうでした)


今皆さんに召し上がっていただいているTARTAREは、そのどちらでもなく、fromage fraisを味付けしたものなんです。最近スーパーでも出回っているそうですが、見かけたことある方、いらっしゃいますか?



フランスで始まったこのTARTARE、試食したら口あたりがなめらかで濃厚。インパクトがある味でおいしい!仕事中でもワインが欲しくなる味です・・・。気になったので、TARTAREにまつわる話を探してみたところ、こんな話が。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
1965年にドルドーニュ県のMARSAC市に、チーズを生産するFROMARSAC工場が創設され、フレッシュチーズのブランドTARTARE(タルタル)が誕生しました。

FROMARSACでは毎日手作業で、新鮮なハーブとガーリックが刻まれ、工場周辺はいつも食欲をそそるガーリックとハーブの香りに包まれていたといいます。ガーリック&ハーブのフロマージュ・フレの評判はあっという間に広がり、タルタルブランドの人気は一気に高まりました。量産をするようになり、FROMARSAC工場では手作業で食材を刻むことは無くなりましたが、今でも工場周辺には、ガーリックとハーブの豊かな香りが漂っているそうです。
-------------------------------------------------------------------------------------------------

手作業で作っている場面が目に浮かんできます。ちなみにドルドーニュ県はここ。ボルドーの近くで、ワインの産地としても有名です。ワイン好きな人たちが考え出したんだ~、と納得です。


日本では、水と空気が綺麗な長野県の安曇野で作られています。夏は乾燥気味で涼しく、冬は寒さが厳しい地域なので、ハーブが好みそうな環境ですよね。

まだ召し上がっていない方、期間限定ですので、ぜひ試してみてくださいね~!


 人気ブログランキングへ 楽しんで頂けたら1クリックで応援お願いします!

0 件のコメント:

コメントを投稿