2014年1月8日水曜日

galette des rois (ガレット・デ・ロワ)

皆さんこんにちは。そしてBonne annee!
ともみです。今年もよろしくお願いします。

galette des rois は、フランスでは1月6日の l'Épiphanieに食べるパイのお菓子で、中にfève(フェーヴ)という小さな陶器がひとつ入っていて、切り分けて食べ、フェーヴが当たった人は王冠を被り、祝福を受け、幸運が1年間継続するといわれているそうです。
1月6日だけではなく、その前後に楽しむ人も多いそうです。

伝統的には家族の中で一番小さい子に目隠しをして、大人の誰かが切り分け、この子供に誰に配るかを決めさせて、フェーブの当たった人は次の週に ガレット・デ・ロワを用意して前回当たった人が男性だった場合は女性を、女性だった場合は男性を家族の中から王または王女を決めていました。子供を喜ばせるためにこの王は子供が選ばれるのが一般的だったようです。

ちなみにfèveはソラマメという意味で、昔は本物のソラマメを入れていたそうです。



今日は生徒さんがgalette des rois を持って来て下さったので、サロンで頂きました!
とっても美味しかったです!ありがとうございました!!


最近では日本のパン屋さんやケーキ屋さんでもたくさん売られているので、みなさんもたのしんでみてください。


 人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください
↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

0 件のコメント:

コメントを投稿