2013年6月3日月曜日

オディロン・ルドン 夢の起源

『オディロン・ルドン 夢の起源』展が6月23日まで、損保ジャパン東郷青児美術館で開かれています。

Odion Redonは、1840年にボルドーで生まれました。

19世紀後半から20世紀前半、印象派全盛の時代に、内的で幻想的な作品を生み出し、象徴主義を代表する画家と言われます。

鮮やかな色で描くようになったのは、50歳を過ぎてからで、それまでは、モノクロの石版画を多く制作しています。

また、その幻想的な作風の中には、自然科学の影響も見て取れます。

どこか、愛嬌があってマンガのようですね。


 ご興味のある方は、ぜひどうぞ。




人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

0 件のコメント:

コメントを投稿