2013年2月6日水曜日

Développement durable 持続可能な開発

Bonjour, c'est Laurent.
Bonjour、ローランです。

Voici l'opinion du député européen écologiste (les Verts) Yannick Jadot concernant le concept de "développement durable".

エコロジストで(緑の党所属)欧州議会議員の Yannick Jadot の、持続可能な開発の概念についての意見をお目にかけます。


"Je n'ai jamais beaucoup aimé le développement durable. S'il est has been, j'en suis assez content. C'est un concept qui se veut beaucoup trop consensuel, un outil de communication instrumentalisé par les entreprises -celles qui en font le moins- et les politiques ne font que le discréditer. Je préfère parler d'écologie, d'environnement, d'économie verte. Il faut remettre l'écologie au cœur d'un vrai débat. Il nous faut du conflit, pas des beaux discours. On n'ose plus engager les ruptures nécessaires."

『私は持続可能な開発を好きになれませんでした。もし完了しているなら十分満足でした。持続可能な開発はひとつのあまりにも多くの合意を必要とする概念で、企業によるコミュニケーションのひとつの道具です(注:にすぎません、言葉だけのものです) -最も持続可能な開発をしない企業ー と政治家は持続可能な開発の信用を失わせることしかしません。わたしはエコロジーの話、環境の話、環境にやさしい経済活動について話す方を好みます。真面目な議論の場で経済をもう一度取り上げなければなりません。わたし達には争議が必要なのです、立派な演説が必要なのではありません。もう我々は必要な改革に飛び込む勇気はありません。』

Pour lire l'article complet, allez sur Libération.

全記事をご覧になるには Libération へ






人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

0 件のコメント:

コメントを投稿