2012年9月17日月曜日

映画:『カルロス』

オリヴィエ・アサイヤス監督の『カルロス』が、渋谷のシアターイメージフォーラムと、吉祥寺のバウスシアターで公開中です。

『カルロス』というのは、1949年ベネズエラ生まれのイリイッチ・ラミレス・サンチェスという実在の人物です。

伝説的なテロリストとして知られ、映画『ジャッカルの日』の『ジャッカル』は彼がモデルだと言われています。

テレビ番組用として撮られた『コードネーム:カルロス 戦慄のテロリスト』という5時間半あまりの作品を、今回は映画『カルロス』3部作として見ることができます。



この主人公を演じているのは、エドガー・ラミレスという俳優です。
監督の、『ベネズエラ出身、本人に似ている、4か国語が話せる、カリスマ性がある、演技が上手い、無名である』という厳しい条件をクリアした、国内では知られていたけれど、国際的な知名度がなかったという 人物です。


 彼の演技は高く評価され、数々の賞を受賞しました。

ご興味のある方は、ぜひどうぞ!

人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

0 件のコメント:

コメントを投稿