2011年8月8日月曜日

フランス映画:突然炎のごとく

新宿のK's Cinemaで、8月16日、17日にフランソワ・トリュフォーの『突然炎のごとく』が上映されます。

1962年につくられたこの作品は、他の監督たちにも影響を与えました。
例えば、この映画をみて、ジャン・リュック・ゴダールは、『気狂いピエロ』をつくり、ジャン=ピエール・ジュネの『アメリ』にも、この作品の場面が二つ引用されています。また、キャメロン=クロウの『バニラスカイ』でも、引用されているそうです。

この映画の原作は、アンリ=ピエール・ロシェの『Jules et Jim』という小説です。映画の邦題は『突然炎のごとく』ですが、フランスのタイトルは小説と同じ『Jules et Jim』です。


この作品の主人公、ジャンヌ・モロー演じるカトリーヌは、当時女性たちから支持されました。女性解放運動の波とあいまって、奔放なヒロイン、カトリーヌに自分自身を重ね、『カトリーヌはわたしだ』という手紙が、多くトリュフォーの元に舞い込んだといいます。



このカトリーヌのキャラクターは、 小説の原作者アンリ=ピエール・ロシェの恋人だったマリー・ローランサンをモデルにしていると言われています。

ご興味のある方は、ぜひどうぞ!



 人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

  







0 件のコメント:

コメントを投稿